molten ハンドボール用強力松ヤニ使ってみた〈レビュー〉

松やに
Pocket

ハンドボールで使う松やにの強力タイプの実際の使用感について気になる人も多いと思います。

日本で購入できる松やにのなかでも7000円〜もするものなので、悩むところだと思います。

実際に購入して、チームで使いましたので、使用感やコスパ面から紹介していきます。

molten 強力松ヤニ買うべきか

詳しい話は置いておいて、実際に使ってみて買うべきか買わないべきか、お伝えします。

断言します。買うべき!!!

僕は7000円で購入したのですが、正直購入を悩んでいました。7000円を松ヤニに使うのは渋ります。

使ってみないとわからないだろうと思ったので、購入に踏み切りました。

部費で買えばいいのに!と言われましたが、自分の興味半分で部費は使えない!!ということで自費購入です(物好きか笑)

手が汚れるから付けたがらない子供たちがハンドボール用松ヤニをよく使うようになりました。

松ヤニを使う理由

ハンドボールをやってきた方はご存知だと思いますが、ボールの扱いやすくなることが大きいです。

強力タイプの松ヤニは、日本でいま、よく使われている松ヤニよりもボールを扱いやすくなったように感じました。

扱いやすさを感じた理由を説明していきます。

よく伸びる 粘着性が高い

強力タイプの松ヤニは、高い粘着性があります。

強力松ヤニの粘着性

フタを開けたときにここまでトロトロでベトベト感のある松ヤニは日本ではあまり見かけません。

夏場の溶けた松ヤニみたいな感じです。

手に少量とった様子

ごく少量取っただけでも、こんなにも伸びる程、粘着性は高いです。

ミカサの松ヤニ

こちらは普段から使っている松ヤニです。

粘着性が強いのですが、その分硬いです。

それでも、粘着性はmoltenの強力松ヤニの方が高いです。

薄く伸ばしても粘着力が高いので、ボールが手にくっつくのでボールの持ちやすさが全然違います!!ちゃんと量を取って使うと海外のような投げ方もできるようになると感じました。動画のように投げられるようになります。というかこういう投げ方じゃないと投げにくい。

キャッチや握ることへのストレスが少ない

松ヤニで指の皮が剥がれそうになると使った子供たちは言っていました。普段は、手が汚れるのが嫌だったりするためになかなか松ヤニを使いたがらないのですが、少量取っても粘着力があるので、松ヤニの効果をしっかりと感じられて投げているように見えました。

ボールが手にくっつくので、キャッチがしやすかったり、そんなに力を入れずにボールを握ることができます。

その分腕を早く振ることができるようになります。シュートにスピードがのっていくようになります。

最後に

これだけ強力な松ヤニが使えるようになれば、競技力も上がります。長期的に見てないですが、1日だけでも感じます。

ボールの処理(ハンドリング)へのストレスが少なくなれば、それだけ他のプレーに意識を回すことができます!シュートもより腕を振って打つことができますので、シュート力もテクニックも上がることは間違いないです。

しかも、IHF公認の松やになんですよね。世界が認めているということですよね。

リピートして使っていきたいと感じるものでした。ぜひ気になった方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

モルテン ハンドボール用松やに 強力タイプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました