バックプレーヤーが求められる役割

ハンドボール センター(CB)
Pocket

バックプレーヤーをしてみたいけど、どんな役割があるか知りたいという方はぜひご覧ください!

ハンドボールでバックプレーヤーをやるには、最重要な役割ですのでチェックしてください!!バックプレーヤーとして共通なものになります。

常にシュートの意識を持ってシュートをする

OFにおいて、バックプレーヤーのシュートはとても重要です。シュートという観点では、どのポジションでも重要ですが、攻め方を増やして、より多く得点を伸ばすという観点では、バックプレーヤーのシュートは欠かせません。

OFで得点を増やすためには、バックプレーヤーのシュートがあるということを、DFに思わせることが必要です。つまり、DFが前に出たくなるようにしないといけません。

前に出る必要がないということは、DFからは、シュートをしてこないバックプレーヤーは守りやすいです。

DFが前に出てくることによって、OFの仕方が増えていきます。DFの間を抜いてシュートに行くカットインやピボット(ポスト)プレーやずらしのプレーができるようになっていきます。

ボールを多く触るポジションになるので、常にシュートをできるように意識していかないといけないポジションになります。そして力強く撃ち込むことが必要です。

DFを揺さぶる

バックプレーヤーはボールに触る機会が圧倒的に多いです。そのため、どんなにサイドプレーヤーやピボット(ポスト)プレーヤーがすごくても、バックプレーヤーがシュートやパス、フェイントといったプレーでDFを揺さぶる(大きく動かす)必要が出てきます。

DFを揺さぶるためには、大きく動いたり、DFとDFの間を攻めたり、ディスタンスシュートを狙ったりすることが重要です。DFがあなたに警戒して、前に出てくるようになれば、DFの裏のスペースも使うことができます!

ゲームをコントロールすべし!!

何回も言いますが、バックプレーヤーはボールに触る機会が多いです。そのため、適切な判断(簡単にいうとシュートかパスか)も必要となります。

無理やりシュートをする場面ではないのにシュートしてしまったり、シュートができるのにパスしてしまったりという判断はできるだけ少ないようにしないといけません。

この判断はチームの戦術や相手との駆け引きを理解して、実践していくことで鍛えられていきます。マークが薄いポジションにシュートがさせることを目標にすると身につきやすいです。

ノーマークシュートを作り出すこと。DFが前に出てこれない時にディスタンスシュートをする。DFが前に出てきてピボットプレーヤーのマークが薄くなったところパスを出してシュートさせる。というような展開になります。

バックプレーヤーがゲームをコントロールできるのは理想的です!

最後に

今回あげた全ての項目ができるようであれば、とてもすごいです。

しかし、全部できないといけないというより、どれかに強みを出していくような形でもいいです。自分の弱み、強みを理解して、楽しく理想的な選手を目指しましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました