ハンドボール初心者がやるべきパス練習 

ハンドボールのパス ハンドボールすたじお
Pocket

ハンドボールの基本はパス

ハンドボールの基本はパスです。ハンドボールのパスは、状況によって投げ方を変えなければなりません。そのため、たくさんのパス練習が必要になります。ハンドボール初心者おすすめのパス練習を紹介します。

基本的な練習ですが、高いレベルになるとパスの仕方が多く、上手にパスしますのでパスが上手い人は高いレベルでも活躍できます。ボールを手で扱う競技なので、パスの仕方というのもハンドボールの面白いところです。パスをよく見てハンドボールを見ると面白味が変わってきます!!

パスの種類

ハンドボールのパスの仕方はたくさんあります。パスの種類も多くなります。試合や練習でよく使うパスの種類を挙げていきます。どれも基本的なパスになるのでしっかりと時間をかけて練習しましょう。

オーバーハンドパス

オーバーハンドパスは当たり前のように使うパスです。一般的にキャッチボールと言われると行うパスです。肩を大きく回して、腕を上に上げてパスしましょう。初心者はボールの重さで肘が下がりやすく、肩や腕を大きく動かしてパスできないことが多いので気を付けましょう。

  • 肩を大きく動かす
  • 腕を回す

プッシュパス

プッシュパスは、相手との距離が近い時にするパスです。体の近くから押し出す(=プッシュ)パスです。腕でボールを押し出すだけではなく、手首と指先も使ってパスしましょう。

  • 腕で押し出す
  • 手首を使う
  • 指先でも押し出す

ラテラルパス

ラテラルパスは、横にいる相手に向けてパスする方法です。手首と指先を使うことが重要です。コントロールが非常に難しいためしっかりと練習しましょう。体をゴールの方に向けたままパスすることができます。

  • 手首と指先でコントロールする
ラテラルパス

バックパス

バックパスは、背中の後ろからパスをする方法です。相手から見えにくいパスになるのでボールを隠すことができます。しかし、自分もボールが見えないので、ミスしやすいため、手首と指先でコントロールして、出せるように練習しましょう。暇があったらバックパスの練習をするといいですね!

遊びながら行うと上達が早いかも!!力を抜いてパスしよう!!

  • 手首と指先でコントロールする
  • ミスしやすいのでしっかりと時間をかけて練習する
バックハンドポストパス

バウンドパス

バウンドパスは地面に向かって投げて、相手にパスする方法です。一度地面にパスが行くので、相手に取られにくいことがメリットです。相手ディフェンスの股下に向かってパス出したりもできます!うまく使うことでパスが上手にできます。かなり有効的なパスになります。

ジャンプパス

ジャンプしながらパスをします。ジャンプしながらパスをすることの総称です。シュートに似ているのでコントロールするのが難しいです。スカイプレーやシュートしようとしたときにディフェンスが集まってきたときにパスを使う場面が多いので、身につけましょう。

ハンドボールのパスは、組み合わせである

パズル

ハンドボールのパスは、状況に応じて変えなければなりません。バックパスとバウンドパスを組み合わせたり、ジャンプパスとバックパスを組み合わせたりと複雑になります。そこが面白いところでもあります。意外性のあるパスや、意表をついたパスでディフェンスを崩すこともあります。

ここでは紹介していないパスもあります。多くの動画の中から見つけて練習してみましょう。たくさんのパスを使ってハンドボールを楽しんでください!!

ハンドボール初心者はパス練習を多くやるべき

ハンドボール初心者は、パス練習を多くやりましょう!練習の中でも暇な時間があれば、少しでもパスをしましょう。ちいさな時間の積み重ねがパスをうまくします。壁あてしながら練習しても効果がありますので時間をうまく使って練習しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました