勉強や教えてもらう際に気をつけたいこと。おすすめの勉強法・練習法

効率の良い勉強法 スキルアップ
Pocket

study-method-efficiency

勉強や指導を受ける事が日常ではたくさんあります。学生でも社会人でも勉強の機会は多くあります。スポーツで成果をあげたり、テスト勉強や資格の勉強はたくさんの時間が必要になります。忙しい中でも効率のいい勉強法を探していると思います。ここでの勉強法は、テクニックに関するものではありません。テクニックをお探しであれば、東大生の行っている勉強法を真似るのが早いです。僕も実践してきて実感しているからです。お勧めのページを紹介します。

東大生・京大生がおすすめする勉強法を10個まとめてみた【StudyHacker人気コラムまとめ】 – STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア

ここでは、もっと根本的な効率よく勉強するために必要なことに絞っています。

僕が身につけた理由は、時間が限られているのに、ただやっているだけでは、時間がもったいない。同じ時間でも効果を上げて、もしくは少ない時間でも多くのことを身につけられるようにするべきではないかと思い実践してきた内容です。もし、時間がないと思ったり、上手く勉強が進まないという方は実践してみてください。

目的にあった勉強方法や練習方法をしましょう。

覚えることは、忘れるということ

覚えることは、忘れるということ。一見矛盾しているような内容ですが、暗記と忘れるということはつながっています。エビングハウス忘却曲線というものがあります。この曲線は、人間の記憶の節約率を表しています。記憶を節約する→忘れるという事で捉えられています。

f:id:handballyasu88:20200214184519j:plain

参照:ウィキペディア

人が忘れるということをするのは、記憶を整理するためです。今まで経験してきた事を全て覚えていると脳の容量がいっぱいになってしまいます。
スマホの写真フォルダがいっぱいになったら削除したり、整理を行いますよね?そのようなことを脳では自動的に行っています。

してはいけない勉強法・練習法

勉強法

してはいけない勉強法・練習法というものがあります。それは、「やって満足すること・テクニックを学ぶだけ」です。やって満足するには個人によって満足の仕方がありますが、

  • 書き写して達成感を感じている
  • 話を聞いてわかった気になっている
  • 少しできたから続けるのをやめる
  • 世の中にあるテクニックを行うだけでできるようになると思っている。

と言ったような事が挙げられます。
気がつかないうちにやってしまいがちであるので注意が必要です。

効率の良い勉強法・練習法とは

簡単にいうと、効率の良い勉強方法・練習方法とは、目的や目標に合わせた方法であるということです。

目標と目的を別に考えなければなりません!

  • 何のためにやるのか
  • どうなりたくてやるのか
  • 目指している内容
  • 理想は何か

この辺りのことが定まっていないと効果は薄くなります。
勉強やる意味が分からないという人もいると思います。子どもでよくありますよね。勉強をして自分の求めているものに直結しているとあっという間にモチベーションが上がります。

  • いきたい学校に合格するためという目標
  • いきたい学校に合格して理想の学校生活を送るという目的

があるとモチベーションが高くなりやすいです。

もう一つ挙げます。

  • 新たな資格をとるという目標
  • 資格をとることによって昇進や支援が得られる

というようなことでもそうです。プログラミングなどの資格って使うこと前提の資格なので成功しやすい理由だと思います。SkillHacksなど話題なもので例えると、プログラミングを勉強すると転職や仕事をもらえるところまでやってくれるので目的・目標が自動設定くらいのレベルなので継続しやすいです。

目的と目標の設定がうまくいっていないと大抵失敗します。

アウトプットのためにインプット(勉強)をする

勉強は必ず、アウトプットと繋げてください。アウトプットとは、誰かに教えることやテストで答えることや仕事・生活にいかすということです。アウトプットにつなげると目標や目的の設定に近づきます。

目標と目的につながるということは、効率が上がるということになります。

スポーツ場面であれば、新しい戦術や技術を練習の時に、実際の試合を想定して行う・教えるということになります。指導者で試合を想定して練習しろという割に、自分自身が想定できていないということが多くあります。机上の案で、相手がどんな動きをしていくかまで、落とし込めていないということがあります。これは、指導者のインプット方法がうまくいっていません。

アウトプット多めにインプットを行うこと

アウトプット前提にインプットを行うことが効率の良い勉強法・練習法です。その上で、目的と目標の設定は確実に行ってください。勉強や学習においてモチベーションの維持ができることは武器になります。継続は力なりという言葉が存在するくらいなので成功したいと思うならば継続は必須です。

最大のメリットは時間が生まれる

この方法を意識することで、時間を産むことができます。生まれた時間で違うことに挑戦することもできます。休みを入れるという使い方もできます。投資方式でどんどん自分のスキルやテクニックを増やすこともできます!

今行っていることも新しく目標と目的の設定を行なって成果を出せるようになりましょう!

関連書籍

Twitterでは、皆さんに活用してほしい情報や内容・趣味であるハンドボール について発信しております。全国1位常連校で培ったノウハウや経験も発信しております。
⬇️内容が良いと思ったら、はてなブックマークSNSシェアお願い致します⬇️

コメント

タイトルとURLをコピーしました